Blufflog

This blog is bluff

2019 年映画ベスト

2019 年に観た初見の映画の本数は 100 本。その内、2019 年日本公開の新作は 22 本(先行上映を含む)。
ここでは新作ベスト 6 と、新旧合わせた初見ベスト 10 を記録しておく。
新作は昨年同様あまり観ていないので特に良かった作品ベスト 6 まで。

2019 年新作ベスト 6

  1. ゴーストランドの惨劇
  2. CLIMAX クライマックス
  3. ハウス・ジャック・ビルト
  4. ミッドサマー
  5. ファースト・マン
  6. カニバ/パリ人肉事件38年目の真実

2019 年初見ベスト 10

  1. キング・オブ・コメディ
  2. ゴーストランドの惨劇
  3. 愛のむきだし
  4. CLIMAX クライマックス
  5. ハウス・ジャック・ビルト
  6. ソーシャル・ネットワーク
  7. ポゼッション
  8. 蜘蛛の瞳
  9. おまえうまそうだな
  10. 来る

Cardstalt

先日、日本語版が発売された Roberto Giobbi の『Card College Lightest』をざっと眺めていたところ、Cardstalt というトリックが目に止まり非常に面白かったので紹介する。


現象

Cardstalt

観客にデックから同じバリューの 4 枚のカードを抜き出してもらいます。マジシャンは抜き出されたカードが何かは知りませんが、残りのデックを 1 度だけ素早くリフルし、そしてそこにない 4 枚のカードのバリューが何かを正確に言い当ててしまいます。

Cardstalt Plus

シャッフルされたデックから観客の 1 人がカードを 1 枚抜き出し、それを裏向きのまま脇に置きます。“Cardstalt” のプレゼンテーションからの流れで、マジシャンはデック全体を通して一度素早く見て、そして足りないカードが何であるかを言い当てます。

※ 現象はこちらから引用


Cardstalt に使われている原理は自分は全く知らなかったし、恐らくほとんどのマジシャンが知らないであろうもので、この原理が非常に奇妙で面白い。この原理は数理的なものではない上に他のタネが一切存在しないため、スライト・数理的原理の気配を完全に消したピュアなマジックが演じられる。また、原理を知れば分かるが、必然的に演技臭も消すことができる。
自分は Benjamin Earl の Intuitive Poker II や Max Maven の Roundabout のようなトリックは好物なので、必然的にこのトリックも大好き。
ちなみにこのトリックは Moris Seidenstein (Moe) が演じていたものらしいが、『Moe's Miracles』を読んだ限りではいかにも、といった感じ。この本はとても面白かったが、Giobbi が引用している『Moe and His Miracles with Cards』は恐らく別物なのでこちらも読みたいと思っている。が、入手手段が分からず困っている。

Cardstalt Plus は Cardstalt に続けて演じることが想定されたトリック。こちらは Cardstalt とは異なりマジシャンの誰もが知るような地に足の付いた基礎技法を用いて同種の現象を起こすわけだが、Cardstalt の原理と補完的になっており、それぞれのトリックの強度が上がっている点が構成として良い。また、トリックの終盤に組み込まれたあるサトルティが、シンプルかつ簡単ながら強い説得力を持っており、この点も素晴らしい。

個人的にスライト・数理的原理の気配が嫌なのは勿論、ミスディレクション臭・演技臭・サッカートリック臭なども苦手なのだが、これら 2 つのトリックはそういった要素を限りなくゼロに近付けられる点が良い。
また、記憶術系のトリックは驚異的な記憶力によって現象を達成しているというプレゼンテーションのため、観客にタネを訊かれて困る、ということが無い点が便利だったりもする。とってもお勧め。

『Card College Lightest』日本語版はこちらで購入できます。

地獄でなぜ悪い

地獄でなぜ悪い』(Sion Sono. Why Don't You Play in Hell?. Japan: 2013.)を観た。

これは自分が偉大な表現を生み出すためには全てを犠牲にしても構わないという非常に自己中心的な狂人の話で、この思想・価値観が響くかどうかで好みが分かれそう。ちなみに自分はとても好き。『セッション』・『ハウス・ジャック・ビルト』・『風立ちぬ』などが似た系譜だと思うが、やはりこれらも好き。少し毛色は異なるが、サドの『悪徳の栄え』における主人公ジュリエットを始めとする「悪人」たちも非常に自己中心的なのでとても好き。

ゴーストランドの惨劇

今更ながらパスカル・ロジェ監督の『ゴーストランドの惨劇1 について。

非常に大好きな映画です。
以下ネタバレありの感想。ネタバレ要素が本作の本質ではないとは思うが一応(例えば『ファイト・クラブ』も所謂ネタバレ要素はあるが、そこが作品の本質ではないのと同様)。

本作は主に次の 2 点で良かった。

1 点目は、単純にホラー映画というエンタメとして超楽しいという点。

本作の一番のベースはトビー・フーパーの『悪魔のいけにえ』だろう。悪役のでかい方はレザーフェイスの変形。他だと気味の悪い人形やケレン味ダリオ・アルジェント風。しつこいまでのジャンプスケアの多用に代表されるようにホラー映画のベタな手法のオンパレードが逆に潔く、諸々のやりすぎ感と相まって非常に楽しい。姉妹映画としても尊い。91 分という適度な尺。最高。

2 点目は、想像・創作に対する肯定が感じられる点。

本作の主人公ベスはパスカル・ロジェ監督の投影 2。ホラーの世界に無限の想像力を広げるベスは、想像の世界に逃げ込むことで残酷な現実を生き延びる。しかしそれは現実から目を背け逃げているだけ。それでも最後に現実に立ち向かう力を与えたのも想像の力によるもの。

ベスが対峙する過酷な現実は映画の外の(リアルな)現実のメタファー。制限なきホラーと想像力で残酷な現実に対峙する心意気が嬉しい。ベスがホラー小説を書く理由を訊かれて「正気を保つため」と答えるが、この言葉が全てを表している。

Bluffbox

Bluffbox というマジックのレパートリーなどを管理できる Web サイトを作ったので公開します。

https://bluffbox.herokuapp.com

マジックのレパートリーを管理していないと、自分がどんなマジックができるのかが分からなくなりがちです(少なくとも自分は)。また、演技時間やテーブルの有無などの状況に応じたルーティンを組むのも面倒です。
紙の手帳・EvernoteExcel などでレパートリー管理をしている場合も、これらはレパートリー管理に最適化されたツールではないため何かと不便です。

そこで、マジックのレパートリー管理に最適化したサイト Bluffbox を作りました。Bluffbox ではトリック・ルーティン単位でレパートリーを柔軟に管理できます。もちろん、スマホでも PC でも利用可能です。
Bluffbox ではトリック・ルーティンに加え、以下の情報を管理できます。

  • 製品(e.g., 書籍、レクチャービデオ、マジックグッズ)
  • YouTube 動画
  • マジシャン

また、これらの情報を相互に関連付けることもできます。
さらに、記事の投稿・コメント、ユーザのフォローといった SNS 機能もあります。

全機能を無料でお使いいただけるので是非お試しください!
(情報を見るだけなら会員登録は不要ですが、情報の登録・編集には会員登録が必要です)

なお、サイトの不具合や脆弱性を見付けられた方はこちらからご連絡いただけると助かります。ご意見・ご質問もどうぞ。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』にモヤる

今回は『アベンジャーズ/エンドゲーム』について。いつも通りネタバレは考慮してません。

自分はマーベルについては原作未読で、MCU はエンドゲーム公開後に『キャプテン・マーベル』まで一気に観て、劇場でエンドゲームを観た程度のにわかです。
結論から言うとエンドゲームはかなり微妙だった。以下、雑にその理由を書いていく。一度しか観てないので記憶違いがあったら申し訳ないが、大筋では違いないと思う。

  • (無駄に)長い
  • 見せ場が下品なファンサービス位しか無いわりに、過去作で積み上げてきた様々な要素を活かせてなかったり無駄にしたりしているので、本質的にはファンムービーとしても微妙
  • (恐らく皆予想してた)タイムトラベルのアイデアは安直過ぎるし、矛盾っぽい所が多くてモヤモヤする
  • 見せ場となるアクションシーンが『インフィニティ・ウォー』に似ていて新鮮味が無い
  • 皆で一生懸命戦っている中、あれで戦いを集結させるあっけなさに脱力。タイムトラベルのアイデアも含め、色々安直過ぎてげんなり
  • 悪役としてのサノスの魅力が弱い。突き抜けた悪の哲学も無ければ、もう一つの正義として議論するにも値しないほど浅い動機しか持っていない
  • アベンジャーズが偽善過ぎる。「偽善 vs. 薄っぺらい悪」にしか見えない
  • MCU で描かていないバックグラウンドがあるのかも知れないが、少なくとも MCU 内では献身的にアベンジャーズを支えてきたナターシャが犠牲になるのが全く理解できない。諸々の戦犯アイアンマンを皆で弔う異様なラストに対し、ナターシャの死が軽く扱われ過ぎで本当に意味が分からない
  • 誰かが死んでいい話っぽくするの安直だし本当にイライラする(ナターシャ、アイアンマン)
  • OP・ED がダサい&つまらない
  • サノスの案山子が映る瞬間がピーク

そう言えばやたらネタバレ厳禁と言われてたけど、具体的にどの部分がネタバレ厳禁なのか分からなかった。
という訳でエンドゲームは個人的にかなり微妙でした。好きな人はごめんなさい。