Blufflog

This blog is bluff

情報収集ツール

Abstract

現状の自分の情報収集ツールを紹介する。使っているツールは次の通り。

  • 日経電子版:新聞
  • FeedlyRSSリーダー
  • Google News:ニュースキュレーション
  • NewsPicks:ビジネス記事(意識高め)
  • Yahoo!ニュース:ニュースキュレーション
  • Pocket:後で読む

Introduction

ニュースアプリを始めとして世の中には数多くの情報収集ツールが溢れている。今回は、自分が今使っている情報収集ツールを紹介する。

Requirements

情報収集ツールに対する要求事項は次の通り。

  1. 最低限の常識を得るために新聞が必要
  2. 自分好みの特定のブログ等を追うためのRSSリーダーが必要
  3. 有益な記事を自動で集めてくれるニュースキュレーションが必要
  4. 意識高めのビジネス記事が必要
  5. 意識が高くなり過ぎるのを防ぐためのニュースキュレーションが必要(俗っぽいネタも必要)
  6. Web記事等を「後で読む」サービスが必要

Priority

ツールを選択する優先順位は次の通り。

  1. 総合的なサービスの質の高さ
  2. デファクトスタンダード
  3. Web・ネイティブアプリ両対応(PCブラウザでもスマホアプリでも使える)
  4. 安い

日経電子版

Requirement 1を満たすために選択。理由はデファクトスタンダードっぽいから。
Web・アプリ両対応。意外と使いやすい。
高いのが不満。

Feedly

Requirement 2を満たすために選択。RSSリーダーデファクトスタンダードと言っても良いと思う。Web・アプリ両対応。
ニュースキュレーションでは出てこないような個人ブログ等をフォローするのに便利。勿論、有名なサイトをフォローしてもOK。特に不満無し。

Google News

Google ニュース

Requirement 3を満たすために選択。Google謹製ニュースサイト。
元々、Googleのニュースサイトは、Google NewsGoogle Play Newsstandの2種類あった。最近、旧Google Newsは廃止され、Google Play Newsstandのみになった。この際、名称がGoogle Newsに変更されている。つまり、今のGoogle Newsは旧Google Play Newsstandである(多分)。
良い点は次の通り。

  • Googleアカウントと連携しているため、検索履歴等を活用したキュレーション精度が高い(i.e., 読みたくなる記事が多い)
  • トピックを選択するとレコメンドに反映される(e.g., 趣味、ジャンル、企業名)
  • Yahoo!ニュース等と同様に、カテゴリ分けがある(e.g., 国際、科学&テクノロジー
  • Web・アプリ両対応

NewsPicks

Requirement 4を満たすために選択。Web・アプリ両対応。
意識高いのは嫌だが、意識高い人達に情報量で負けたくない。と言うことで、意識高い人達が見てそうな情報を集めるのに使う。

Yahoo!ニュース

Requirement 5を満たすために選択。
似たようなニュースキュレーションに、SmartNewsGunosy等がある。個人的にはどれでも良いが、デファクトスタンダード度は、SmartNewsYahoo!ニュース > Gunosy というイメージ(適当)。SmartNewsはWeb対応していないので、Web・アプリ両対応のYahoo!ニュースを選択。
この辺のサービスの良い点は、情報の種類が豊富な点。政治・経済・ビジネスのニュースから、芸能・エンタメ等の俗っぽい記事まで幅広い。例えばNewsPicksばかり見ていると、記事の種類が偏ってしまうのが良くない。
人間界で生きていくのに俗っぽい情報は大事だし、何より俗っぽいことは全く悪いことではない。

Pocket

Requirement 6を満たすために選択。「後で読む」系のデファクトスタンダード。Web・アプリ両対応。
ここに pocket するとまず読まないので、できるだけ使わないようにしたい。

P.S.

メインで使ってるのは、日経電子版・FeedlyGoogle Newsの3つです。