Blufflog

This blog is bluff

サスペリア

今回はルカ・グァダニーノ版『サスペリア』について。いつも通り、ネタバレは気にせず書いています。
(Luca Guadagnino. Suspiria. United States and Italy: 2018.)

あらすじ

1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にアメリカからやってきた。初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大事な演目のセンターに抜擢される。そんな中、マダム・ブラン直々のレッスンを続ける彼女のまわりで不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。一方、心理療法クレンペラー博士は、患者であった若きダンサーの行方を捜すうち、舞踊団の闇に近づいていく。やがて、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、スージーの身にも危険が及んでいた――。(公式サイトより引用)

最初に書いてしまうと、自分はこの作品がとても好き。
予告編を観た段階で、彩度を抑えた色彩(サスペリアなのに!)・Jホラー的なイメージ・紐ダンス・フック等の要素から、既に好きな作品だと感じていたが、実際に観てもやはり面白かった。

『別冊映画秘宝 サスペリア マガジン』1の中で高橋ヨシキ氏は、「全てがあって、何もない映画」として、次のように批評している。

ここには文字通り「ありとあらゆる要素が詰まって」いる。母性や女性性にまつわるあれこれ。ホロコーストの記憶。冷戦時代。モダン・ダンス。「ドイツの秋」とバーダー・マインホフ。「ファスビンダー」。「ズラウスキー」。「(歴史の)目撃者である」こと。

サスペリア』はおそろしくコンセプチュアルな作品だが、「コンセプチュアルであること」それ自体に耽溺しているように見える。つまり端的に言って快楽主義的ではない。どこまでも快楽原則に忠実だったアルジェント版とは真逆である。

要は、本作はあらゆる要素を意味ありげに詰め込んではいるが、本質的にはそこには何も無い(語られていない)ということだろう。この評は否定的な立場だが、自分が本作を観たときの感覚に近い。自分は逆に、「全てがあって、何もない」ことが面白いと感じた。なんとか博士の逸話とか、救済とかはわりとどうでも良かったが、『民族』の紐ダンスに代表される、予告編で気になっていた要素の魅力は遺憾なく発揮されていたし、最後に地獄絵図はあるし、Sara役のMia Gothは魅力的だし、素直に楽しめた。

中盤、ショッキングなイメージが断片的にインサートされる演出は、ベタではあるが好き。自分は『呪怨(ビデオ版)』の浴室のシーンを思い出したが、この手の演出のオリジナルは何だろう?
余談だが、断片的なインサートと言えば、アルジェントの『インフェルノ』で、女性の首吊りが説明無しに唐突にインサートされる素晴らしいシーンがある。『インフェルノ』は説明無しで印象に残る演出が多く、とても面白い。ただ、序盤の演出は格好良いのだが、終盤はシュールギャグみたいになってしまっていて、個人的にはそこまで好きになれていない。勿論、そこが良い、という人がいるのも分かるが…。

とにかく、ルカ版『サスペリア』は、テーマやストーリーよりも、ビジュアル・音楽・(表面的な)要素の詰め込み感が楽しかった。そういう意味では、案外アルジェント版と似ているのかも知れない。


  1. 山崎圭司・岡本敦史編(2019)『別冊映画秘宝 サスペリア マガジン』洋泉社