Blufflog

This blog is bluff

Pseudo Brainwave

今回は Benjamin Earl の『Pseudo Brainwave』について。この作品は DVD『Past Midnight』1 の 3 巻に収録されている。なお、この DVD については、スクリプト・マヌーヴァさんから日本語字幕付き DVDが出ている。

現象

観客にデックを渡して、覚えたカードをイメージしながらデックを広げてもらうと、観客のカードだけ中から表向きで出現する。
スクリプト・マヌーヴァさんのページから引用)

個人的に本作は Ben Earl 作品の中でも特に好きなのだが、あまり話題に上がらない気がするので紹介してみる。
現象は名作『Brainwave Deck』に似ているが、本作はレギュラーデック 1 組で即席で演技可能。また、現象を起こす際、演者がスプレッドするのでなく観客自身にスプレッドさせることができる。

以下、3 つの点から本作の良さを見てみる。

思い浮かべたカードへの変換

最初に演者は、ピークコントロールの要領で 1 枚のカードを観客に見せる。その後、演者はデックを観客に渡し、しばらくカードの操作を指示する。この過程で、演者は観客が「見た」カードを「思い浮かべた」カードに変換していく。
観客はカードを「引く」のではなく、一瞬「見る」だけなので、カードを「引いた/選んだ」という印象が弱まる。これにより、後に思い浮かべたカードに変換しやすい。また、最初に観客がカードを見てから現象が起きるまでの間にカードの操作を挟むことでタイムミスディレクションが働き、より変換しやすくなると考えられる。この辺りの変換技術は Dani DaOrtiz の DVD『Utopia』2 等が参考になる。

演者がカードに触っていないという錯覚

本作では、最初に演者がカードに触るが、これは観客の操作のデモンストレーションの体である。しかも、その後の観客の操作が長いため、最初に演者がカードに触っていたという印象を弱める、あるいは忘れさせることができる。
観客からすれば、ずっと自分が持っていたデックを広げると、突然、自分が思い浮かべたカードが表向きに出現するわけで、これは強烈。

レッド・ヘリング

本作では、演者がカードの表を見せるように指示するなど、本来は不要な指示が含まれる。これがレッド・ヘリング(偽の手掛かり)となり、最初に終わっている仕事に気づかれにくい。
演者がカードを当てていくときも、簡単に言い当てるのでなく、少しずつカードを絞っていき、完全には言い当てない。これにより、演者がどこまで状況をコントロールしているのかが追われにくい。

なお、レッド・ヘリングと言えば、そのものずばり『Red Herring』という作品を Earl は発表している。この作品は電子書籍 3 とビデオ 4 で発売されているが、彼のメーリングリストに登録することで、電子書籍版を無料で貰える。この作品もレッド・ヘリングを組み込んでおり、冗長な感もあるが、不思議で応用も効くカードロケーションでお勧め。

おまけ

『Pseudo Brainwave』では観客にデックを手渡すので、事故が起きることが不安になるかも知れない。そこで、カードを 1 枚ボトムに送ってから観客に手渡すことで事故の確率を下げられる。実際には意外と大丈夫なのだが。


  1. Benjamin Earl. Past Midnight. (DVD).

  2. Dani DaOrtiz. Utopia. (DVD).

  3. Benjamin Earl. Red Herring. https://www.benjaminearl.com/product-page/red-herring. (E-book).

  4. Benjamin Earl. Red Herring. https://www.vanishingincmagic.com/magic-downloads/card-magic-downloads/red-herring/. (Video).