Blufflog

This blog is bluff

『Java本格入門 ~モダンスタイルによる基礎からオブジェクト指向・実用ライブラリまで』を読んだ

Java本格入門 ~モダンスタイルによる基礎からオブジェクト指向・実用ライブラリまで』1 を読んだ。

Java の基本文法は知っているが、うまく使いこなせる気がしないので読んだ。本書では主に次の 2 点を学べる。

  1. Java 8 の新機能(e.g., Stream APIラムダ式
  2. 開発現場での実践的な書き方

現在、Java はバージョン 12 まで出ているが、Stream APIラムダ式は依然重要だと思われるので、これを学ぶ意義は大きい。
また、クラスが錯綜している日付処理について整理できたのが良かった。Java 8 以降の場合、基本的には Date and Time API を使えばおk(e.g., java.time.LocalDateTime)。
さらに、Java ネイティブの書き方だけでなく、周辺ツール(e.g., Maven、Jenkins)や外部ライブラリ(e.g., Apache Commons、Jackson)についても触れられている。また、簡単にではあるが、オブジェクト指向的な書き方・スレッドセーフ・デザインパターンについても書かれており、Java 開発に必要な情報は一通りまとめられている印象。

本書を読む限り、JSON / XML / CSVJava オブジェクトの変換には、それぞれ以下のライブラリを用いるのが良さそう(CSV に関しては他に良いのがあるかも)。

デザインパターンについては、今後この辺りの本で勉強したい。

なお、本書は AmazonKindle 版が販売されているが、自分は Gihyo Digital Publishing で電子書籍版を購入した。こちらで購入すると DRM フリーの ePub と PDF が手に入る。しかも Kindle 版より安い!
オライリーもそうだが、公式が DRM フリーの電子版を提供してくれてることがあるので思考停止で Kindle を買わないように気を付けたい。


  1. 谷本心・阪本雄一郎・岡田拓也・秋葉誠・村田賢一郎(2017)『Java本格入門 ~モダンスタイルによる基礎からオブジェクト指向・実用ライブラリまで』Acroquest Technology監修,技術評論社https://gihyo.jp/book/2017/978-4-7741-8909-3