Blufflog

This blog is bluff

The Shift #1

Benjamin Earl の新刊、のはずが、早くも昨年末に『The Shift #2』が出てしまったため慌てて読んでレビュー。#2 が届く前に読み終わって良かった…。 (Benjamin Earl. The Shift #1. 2019. https://www.studio52magic.com/product-page/the-shift-1.) Effects…

2019 年映画ベスト

2019 年に観た初見の映画の本数は 100 本。その内、2019 年日本公開の新作は 22 本(先行上映を含む)。 ここでは新作ベスト 6 と、新旧合わせた初見ベスト 10 を記録しておく。 新作は昨年同様あまり観ていないので特に良かった作品ベスト 6 まで。 2019 年…

Cardstalt

先日、日本語版が発売された Roberto Giobbi の『Card College Lightest』をざっと眺めていたところ、Cardstalt というトリックが目に止まり非常に面白かったので紹介する。 現象 Cardstalt 観客にデックから同じバリューの 4 枚のカードを抜き出してもらい…

本当に怖かったホラー映画

随時更新。 回路 (Kiyoshi Kurosawa. Pulse. Japan: 2001.) クニコ(死画像) (Shigazo. Japan: 2015.) 蜘蛛の瞳 (Kiyoshi Kurosawa. Eyes of the Spider. Japan: 1998.)

地獄でなぜ悪い

『地獄でなぜ悪い』(Sion Sono. Why Don't You Play in Hell?. Japan: 2013.)を観た。 これは自分が偉大な表現を生み出すためには全てを犠牲にしても構わないという非常に自己中心的な狂人の話で、この思想・価値観が響くかどうかで好みが分かれそう。ちな…

ゴーストランドの惨劇

今更ながらパスカル・ロジェ監督の『ゴーストランドの惨劇』1 について。 非常に大好きな映画です。 以下ネタバレありの感想。ネタバレ要素が本作の本質ではないとは思うが一応(例えば『ファイト・クラブ』も所謂ネタバレ要素はあるが、そこが作品の本質で…

Bluffbox

Bluffbox というマジックのレパートリーなどを管理できる Web サイトを作ったので公開します。 https://bluffbox.herokuapp.com マジックのレパートリーを管理していないと、自分がどんなマジックができるのかが分からなくなりがちです(少なくとも自分は)…

『アベンジャーズ/エンドゲーム』にモヤる

今回は『アベンジャーズ/エンドゲーム』について。いつも通りネタバレは考慮してません。 自分はマーベルについては原作未読で、MCU はエンドゲーム公開後に『キャプテン・マーベル』まで一気に観て、劇場でエンドゲームを観た程度のにわかです。 結論から…

『初めてのJavaScript 第3版』を読んだ

オライリーの『初めてのJavaScript 第3版』1 を読んだ。 JavaScript をよく分かっていなかったので、ECMAScript 2015 (ES6) を一通り体系的に学べて良かった。 JavaScript 本だとオライリーのサイ本こと『JavaScript 第6版』が有名だが、ES6 非対応なので、…

Paper Work (Asi Wind)

今回は Asi Wind(アシ・ウィンド)のレクチャーノート『Paper Work(ペーパー・ワーク)』1 について。日本語訳がマジックランドから出ており、現在、以下のサイトで購入可能。 マジックランド MAJION monthly Magic Lesson Shoppers 3-D Telepathy(3-D テ…

トライアンフの向き問題

トライアンフで現象を示す際のカードの向きはしばしば議論の的になる。そこで、この件についての自分の考えを好き勝手に書いてみる(異論はあると思うが…)。候補は次の 2 つ。 裏向きのカードの中で観客のカードだけが表向きになる 表向きのカードの中で観…

カードマジックデザインズ

今更ながら、佐藤 総さんの名著『カードマジックデザインズ』1 について。 本書の目玉は何と言っても「ミミック・ショウ」。この原理はマニアであればあるほど凄さが分かる原理・技法の典型だと思う。例えば初心者がこの原理を知っても、他の原理・技法と比…

『Java本格入門 ~モダンスタイルによる基礎からオブジェクト指向・実用ライブラリまで』を読んだ

『Java本格入門 ~モダンスタイルによる基礎からオブジェクト指向・実用ライブラリまで』1 を読んだ。 Java の基本文法は知っているが、うまく使いこなせる気がしないので読んだ。本書では主に次の 2 点を学べる。 Java 8 の新機能(e.g., Stream …

楽に早起きする方法

昔から早起きが苦手だったのだが、楽に早起きする方法を見付けた気がするので紹介する。当然、万人に合うとは限らないが、自分はうまくいっている。ちなみに超平凡な方法。 TL;DR 帰宅したらすぐに食事・シャワー・歯磨きだけを済ませてすぐに寝る。原則、他…

John Scarne's Think a Card

今回は John Scarne の『John Scarne's Think a Card』1 について。 現象 観客がシャッフルしたデックをテーブルに表向きで広げる。2 人の観客と演者がそれぞれ 1 枚のカードを思い浮かべる。演者はそれぞれが思い浮かべているカードの予言を紙に書き、各自…

『入門 HTML5』を読んだ

ふいんきで HTML を書いてはいるものの HTML5 についてちゃんと勉強してなかったので、今更ながらオライリーの『入門 HTML5』1 電子版を読んだ。なお、本書は「HTML5」の入門書であって「HTML」の入門書ではないので、「HTML5」の新機能(差分)を知りたい人…

鏡の中のカード

今回は氣賀康夫氏の『ステップアップ・カードマジック』1 に収録されている『鏡の中カード』というマジックについて。 現象 二組のカードを用いる。裏が青と赤と二組を使うのがいいだろう。一つを術者が、もう一方を観客が保持する。二人は鏡のように同じ動…

Pseudo Brainwave

今回は Benjamin Earl の『Pseudo Brainwave』について。この作品は DVD『Past Midnight』1 の 3 巻に収録されている。なお、この DVD については、スクリプト・マヌーヴァさんから日本語字幕付き DVDが出ている。 現象 観客にデックを渡して、覚えたカード…

The Challenge

マジックの本やビデオをレビューするのは少し重いので、トリック単体を紹介する記事を不定期で書いていこうと思う。 今回はDai Vernonの『The Challenge』。この作品はLewis Gansonの『The Dai Vernon Book of Magic』1に収録されている。 現象 演者は2枚の…

サスペリア

今回はルカ・グァダニーノ版『サスペリア』について。いつも通り、ネタバレは気にせず書いています。 (Luca Guadagnino. Suspiria. United States and Italy: 2018.) あらすじ 1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニ…

MacにPlantUMLをインストール

IT

PlantUMLは、UML図作成ソフトウェアである。テキストでUML図を作れるので便利。オンラインコンバータもあるが、今回はMacでPlantUMLを使えるようにする。PlantUMLの実行に必要なJavaとGraphvizのインストール方法も説明する。 環境 macOS Requirements Homeb…

闇動画8

今回は『闇動画8』というオリジナルビデオについて。 (Kazuto Kodama. Yamidoga 8. Japan: 2013.) 1. おつかれさま インターネット上の都市伝説を検証していたというテレビ番組。招霊術の一種を試してみた後、番組スタッフたちが導かれてしまった場所とは? …

2018年映画ベスト10

2018年映画ベスト4 今年観た新作26本の中で特に好きな4作品。観た作品数が少ないので参考程度。 アンダー・ザ・シルバーレイク (David Robert Mitchell. Under the Silver Lake. United States: 2018.) へレディタリー/継承 (Ari Aster. Hereditary. United…

死画像

これは傑作。この記事は読まなくて良いのですぐに観てください。 2015年にアムモ98が出したオリジナルビデオです。 本編 予告編 1. 錯死霊 廃校になった母校の美術室に忍び込む男たち。そこにあったのは、ある生徒が死の直前に描いたという絵…。 映像作品に…

ふたりはプリキュア

プリキュアは世界の平和のために戦うのかと思っていたら違った。プリキュアは、自分や、自分の大切な人のために戦う。非常に自分主義的で良い。主人公が戦う女の子という点も相まって更に良い。プリキュアが本気になるのはいつも、自分の大切な人が傷付けら…

Roleplayer by Benjamin Earl

数日前に発売されたBenjamin Earlの電子書籍『Roleplayer』のレビューです。 本人のサイトで購入できます。 https://www.benjaminearl.com/product-page/roleplayer Roleplayerの現象は次の通り。 観客は好きなカードの名前を言った後、デックをシャッフルす…

JavaでXML署名を実装する

IT

Qiita のこちらの記事に書きました。

へレディタリー/継承(映画公開前)

先日、Filmarks の試写会で『へレディタリー/継承』を観た。 (Ari Aster. Hereditary. United States: 2018.) 原則このブログではネタバレを一切考慮していない。しかし現時点で本作は一般公開前なので内容には触れずに、Filmarks に書いたレビューのリンク…

勝ち組・負け組

例えば就活で、「Aという企業に入ったら勝ち組で、Bという企業に入ったら負け組だ」というようなことは存在しない。 人生において勝ち負けは無いし、あるとしたら人間は全員死ぬので全員負け。 自分は中学生の頃から、「人は皆必ず死ぬ」ということに非常に…

Eric Chien FISM Act: First Impression

FISM 2018 クロースアップ・グランプリ Eric ChienのFISMアクトを観たので、初見の印象を書いておく。 観てみて、取り敢えず面白かった。ただ、すごく好きかというとそうでもない。 自分の好みではなかったというだけなので、このアクトを批判するものではな…