Blufflog

This blog is bluff.

ベンジャミン・アールのアレ

ベンジャミン・アールのアレは少しずつ見ています。すべて見たら記事にするつもりです。今のところは。

今さら!フランク・ダラボン監督作『ミスト』(2007)を語る!

超個人的見解です。 怪物たちが活躍し人間たちは右往左往する途中までは、クトゥルーや漂流教室的な雰囲気でとても楽しかったです。 しかし最後のアレは悪い意味で嫌でした。というのも、最後のアレは観客の意表を突き、厭な衝撃のラストを与えるためだけの…

都市伝説・陰謀論・オカルト

都市伝説・陰謀論・オカルトなどについて、科学的・論理的な面をまるで無視した反知性的な態度は嫌なのですが、陰謀論などをエンタメとして消費したり、ネタとして楽しんだりするような「オトナな」態度もまた嫌なのです。

Any Object At Any Place (AOAAP)

観客 A に何か好きなものを言ってもらいます。例えば A が「リンゴを持った男性」と言ったとします。次に、観客 B にスマホで Google マップを開いてもらい、縮尺を最小にしてもらいます。B は Google マップの世界地図画面を勢いよくスクロールし、スクロー…

Divide & Divine by Christian Grace

Divide & Divine 現象 演者はデックを混ぜテーブルに裏向きで置き、後ろを向きます。観客 A がデックの好きなところからカードを持ち上げ、持ち上げたパケットの一番下のカードを見て覚えます。テーブル上の残りのパケットを観客 B が持ちます。観客 A、B が…

Card Minded by Martin Gardner

現象 デックがシャッフルされ、そのデックを観客 A が 2 つのパケットにカットします。観客 A がパケットを 1 つ選び、その中から 1 枚のカードを自由に引いて覚えます。そして、そのカードをもう一方のパケットの中に入れます。観客のカードを含むパケット…

クトゥルー神話/ラヴクラフト作品についての簡単な感想(ネタバレ)

クトゥルー(クトゥルフ)神話/ラヴクラフト作品をいくつか読んだので簡単な感想を残しておきます。なお、いつも通りネタバレを含みます。 今回読んだのは以下の新訳 3 冊です。 クトゥルーの呼び声 新訳クトゥルー神話コレクション 1 (星海社 e-FICTIONS)…

note でマジック(手品)に関する記事を販売しています

note でマジック(手品)に関する記事をたまに販売していこうと思います。 当ブログでも時々マジックに関する記事を書いていますが、無料で全世界に公開されているブログ上でマジックの裏側というか秘密に触れないよう記事を書くのは難しいという事情があり…

重力と恩寵(シモーヌ・ヴェイユ)

たとえこの身が泥の塊となりはてても、なにひとつ穢さずにいたい シモーヌ・ヴェイユの『重力と恩寵』1 を読みました。ざっくりとメモ。 現世で人間が生きていく上で、人間の魂を貶める様々な「重力」が働く 真の善行により作られた真空状態に「恩寵」が入り…

ディレクトリ構造を維持したまま FLAC を ALAC や MP3 に変換する

結論 これを実現する convertflac という CLI を作りました。 brew install ffmpeg # FFmpeg をインストール。インストール済みなら省略 pip install convertflac convertflac <入力 FLAC ファイルのあるディレクトリのパス> FFmpeg コマンド to ALAC (Apple…

Out Of This World(アウト・オブ・ディス・ワールド)

Out Of This World (OOTW) はカードマジックの傑作で、1942 年に Paul Curry が発表しました。Curry の原案は冊子『Out of this World』で読めます。また、邦訳が『図解 カードマジック大事典』や『カードマジック事典』に掲載されています。 現象は次の通り…

マンダロリアンにもやもやしています

先週水曜 3 月 1 日に『マンダロリアン シーズン 3』の配信がディズニープラスで始まりました。 個人的にマンダロリアンで好きだった点のかなりの部分に次の 3 点がありました。 マンドー(ディン・ジャリン)が素顔を見せない スター・ウォーズの主要キャラ…

トルストイ『アンナ・カレーニナ』感想(ネタバレあり)

感想を残しておきたいのですが文章を書くのは面倒なので箇条書きで雑に。古典なので問題ないと思いますがネタバレありです。念の為。 なお、今回は光文社古典新訳文庫の望月哲男訳を読みました。 https://www.amazon.co.jp/dp/B00H6XBF9Y 主要登場人物 アン…

パイプ枕の魅力

意外と見過ごされがち(?)なパイプ枕の魅力を簡潔にお伝えします。 安い 高さの無段階調節が可能 通気性が良く、蒸れにくい 虫が湧きにくい 洗濯機で丸洗いできるなどメンテナンスしやすい 具体的にはこんな商品を買えばいいんじゃないでしょうか。ちなみ…

『初めてのGraphQL』を読みました

GraphQL 完全に理解した。 GraphQL は REST API のような(主に Web の)API を定義する技術(言語、仕様) REST はリソース(データ)毎にエンドポイントを持つため、複数のエンドポイントが必要になる GraphQL は API で管理するリソースをグラフで表現。…

In the Bluff (Ramón Riobóo)

詰まるところ、一般的な人にとってカードを当てるというのは非常に難しい事なのだ。それ以外の全ては枝葉である。 今回は Ramón Riobóo の『Thinking the Impossible』に収録されている「In the Bluff」というカードマジックについて。本書の一番最初に収録…

選択肢を選択する選択肢について

○か□かという 2 つの選択肢があるとき、1 つの選択肢を選択する方法としてはどのような選択肢があるでしょうか? A: ○と□のどちらか 1 つを選択する B: ○と□の間に存在する△などの中間値を選択する 中間値の数はケースバイケースで、△以外の位置に存在する▽…

タナトフォビアまとめ

当記事は学術的、科学的、医学的に正しい情報を提供するものではありません。Web 上の情報のスクラップブック的な位置づけの記事だとご理解いただくのが良いと思います。強いて言えば、文化、芸術、あるいは哲学寄りの話だと思います。一応、随時更新予定で…

Next.js の公式チュートリアルを全部終えました

IT

React 同様にこちらも今更ながら、Next.js の公式チュートリアルを全部終えました。やったことの概要は次の通りです。 React 概要 Next.js 概要 Next.js によるブログ作成 デプロイ先:https://nextjs-blog-haru52.vercel.app/ ソースコード:https://github…

React 公式ドキュメントをだいたい全部読みました

IT

今更ながら React 公式ドキュメントをだいたい読みました。「だいたい」というのは、API リファレンスとコントリビューティングガイドラインは読んでいないからです。前者は必要に応じて(まさにリファレンスとして)参照すれば良いかなと思い、後者はコント…

職業としての学問(マックス・ヴェーバー)

以前読んだことある気がするので実は再読かも知れません。 要約 学問、科学の進展による主知主義的な合理化は神(宗教)を殺し、人々が拠り所とする統一的な価値判断基準(価値観)、信仰が失われた 学問それ自体は(かつての)宗教のように信奉すべき統一的…

Inside Out (Ben Earl)

今回は Ben Earl の『Inside Out』について。予約購入してしばらく放置してましたが、最近読んだので感想を書いてみます。 結論はおすすめです。 どのトリックもレギュラーデック一組など簡単な道具だけで演じられ、特殊な道具や準備は不要です。クロースア…

ファイルを暗号化する CLI ツール Encrypter を作りました

IT

たまにファイルやディレクトリ(フォルダー)を暗号化したいことがあり、CLI でやるなら一般に OpenSSL や GPG を使うことになるように思います。しかしこいつらが微妙に使いにくかったり痒い所に手が届かなかったりするような気がします。 そこで Encrypter…

脳の意識 機械の意識 脳神経科学の挑戦(渡辺 正峰)

渡辺 正峰著『脳の意識 機械の意識 脳神経科学の挑戦』1 を読んだので、今回はその感想を書いてみる。 意識のアップロード!(意識の機械への移植)というサイバーパンク的な内容に釣られて読んだが、意識研究を中心とした脳科学の歩みについて概観できてシ…

マインド・ミステリーズ(リチャード・オスタリンド)

実は見てなかったシリーズということで、今回はリチャード・オスタリンド(Richard Osterlind)の『マインド・ミステリーズ』(Mind Mysteries)シリーズ 1 について。以前から部分的には見ていたものの実は通しで全巻を見たことが無く、今回、と言っても結…

回路 小説版(黒沢 清)

……もしも……死んでもひとりだったらどうする? 今回は黒沢清の『回路』1 について。映画 2 でなく小説版について書くが、本質的にはほとんど共通する。映画の『回路』については別の機会に書こうと思う。 回路の世界では、人は死後、魂(意識)だけの存在とな…

最も大事で最もどうでもいいこと

今後不定期で「死」を題材にした記事を投稿していこうと思う。死に関する小説や映画などのあらゆる表現・哲学・思想・科学・病気・その他自分が考えたことなど、様々な面から死について書いていく。 人は死ぬから生きていると言えるので、死について考えるの…

Mac OSは標準でアンチウイルス機能を持っている

IT

TL;DR Mac OS(macOS)は標準でアンチウイルス機能を持っている。 背景 なぜ今更こんなことを書くかと言うと、Windows については OS 標準で Windows Defender というアンチウイルス機能があるためサードパーティーのアンチウイルスソフトは不要という記事等…

事件現場から: セシルホテル失踪事件

今月配信が始まった Netflix のドキュメンタリー『事件現場から: セシルホテル失踪事件』を観た。 本作はいわゆる「エリサ・ラム事件」をメインの題材として、この事件の顛末を解説していく。 エリサ・ラム事件と言えば未解決事件的な文脈で有名だと思うが、…

闇動画4

面白かったので。ただ観たの数ヶ月前で記憶が曖昧なので細部で間違ってたらごめんなさい。別の作品と混同している可能性めっちゃある。 なお、以下の各話あらすじは Amazon.co.jp: 闇動画4を観る | Prime Video から引用。 合い鍵 映像提供者の同僚は結婚を…