Blufflog

This blog is bluff

Next.js の公式チュートリアルを全部終えました

React 同様にこちらも今更ながら、Next.js の公式チュートリアルを全部終えました。やったことの概要は次の通りです。

感想

ざっと Next.js を学んだ感想です。

  • Next.js は React ベースの Web アプリを作るフレームワーク(React にもフレームワークっぽさはある気がしますが、基本的にはライブラリ扱いが一般的だと思います)
  • リソースのロード、レンダリング、コンピュテーション、キャッシングなどそれぞれについて、いつ、どこで、どの粒度で実行するかを制御可能
  • ファイル(ディレクトリ)構成と Link component によりマルチページアプリ化可能
  • SSR してクライアントに返した HTML は JS(React 周りのコード)のロードが完了するまでインタラクティブではない。この状態のページに JS をロードしてインタラクティブにすることを「ハイドレーション」と呼ぶ
  • 基本はページ単位でレンダリング方法(例:SSR、SSG、ISR)を制御
  • dynamic() 関数(API)などを用いることでコンポーネント単位でのロードタイミング、レンダリング方法(SSR するかどうか)の制御も可能
  • React Server Components も活用するとより細かな制御ができそう(?)
  • キャッシング、CDN、エッジコンピューティング、サーバーレス FaaS (Lambda) など、Next.js は多機能でそれらをカバーしてくれる Vercel というデプロイ先は便利(GitHub 連携なども楽)
  • しかし、Next.js は OSS とは言えそのメインの開発元は Vercel であり、ベンダーロックイン的なリスクは気になる